Dog・Service

愛犬が癌になってしまったら【飼い主がすべきこと】

初心者には向かない犬種

飼い主と犬が一緒に学ぶ

犬

ジャックラッセルテリアは、イギリス原産の小型犬になります。
イギリスケンネルクラブの創立者の一人だったラッセル牧師によって作り出された犬種です。
19世紀中頃に誕生した比較的新しい犬種であるのですが、映画やドラマに出演したことがきっかけとなり世界中で知られるようになりました。
体高は23〜30センチメートル、体重が4〜6キログラムが標準の大きさのジャックラッセルテリアは、その可愛らしい姿形とは裏腹に気が強い性質を持っています。
ラッセル牧師は元々優秀な猟犬を目指していたので、気の強い犬同士を交配させた結果がジャックラッセルテリアなのです。
毛色は白をベースにした身体に、大きく斑が入るのが特徴になっています。
耳の形は垂れ耳と半直立耳があるのですが、面白いのは毛並みがスムースとラフ、それにブロークンコートに分かれていて一見すると違う犬種に見えることです。
ただしどのタイプの毛並みであっても、抜け毛が多いので皮膚トラブルを避けるためにもお手入れはしてあげて下さい。
そして最も注意すべき点は、ジャックラッセルテリアがペットの初心者が選んではいけない犬種であることです。
何故ならばジャックラッセルテリアは小型犬ではあっても、大型犬並の運動を必要とする犬種になります。
他にも小型犬であるために、愛玩犬であるかのように扱ってしまい、成犬になった時に困る飼い主さんも出てくるのです。
躾に自信がないとか成犬になったのに躾に失敗したという場合には、犬の躾教室を利用しましょう。
飼い主と犬が一緒に通うことで、双方に良い結果が生まれます。

人気の理由や相場

トイプードル

プードルはサイズごとに種類が分かれているのですが、その中で最も体が小さいものがトイプードルです。
具体的には、スタンダードプードルは体重が約20キロとなっているのですが、トイプードルの場合は3キロ程度なのです。
小さい分、比較的狭いスペースでも飼育できますし、世話にかかる手間も少なめとなっています。
またスタンダードプードルと比較すると手足が短く顔も丸く、毛がフワフワとしているため、小熊のぬいぐるみのように見えることからも人気となっています。
ただしトイプードルの中にも、体がやや大きめで手足が長く、毛が少なめのものもいます。
こういったトイプードルは、魅力がやや少ないということで、ペットショップやブリーダーのもとでは比較的安い値段がつけられています。
具体的にはトイプードルの値段は約25万円が相場なのですが、20万円以下で購入可能となっているのです。
また、値段は毛の色合いによっても変わってきます。
特に高値がついているのは、小熊のぬいぐるみの色合いに近い、薄い茶色や白色の毛をしたトイプードルです。
逆に言えば、それ以外のトイプードルなら、比較的安く購入できるということです。
さらにオスのトイプードルも、出産により数を増やすことができるメスと比較すると、値段が安めとなっています。
そして一般的にトイプードルは、生後2〜3ヶ月で販売されているので、買い手がつかず生後4ヶ月を超えた場合にも、値段が安くなります。
こういった要因から、値段が10万円以下となっているトイプードルも、少なくありません。

購入は信頼できるところへ

子犬

子犬は成犬と比べて人気が高く、ペットショップやブリーダーから購入する人のほとんどが子犬を選んでいます。
その理由として挙げられるのが、幼い頃から飼育すると人になつきやすくなります。
また、愛くるしい表情や体型から選ばれているという点もあります。
しかし、子犬は成犬と比べて価格が高くなります。
それだけ需要があることのあらわれであり、人気の犬種はすぐに売れてしまう場合も珍しくありません。
そのため、あらかじめ情報収集を行い、希望の子犬がいれば予約をしておくなどの対策が必要です。
ただし、子犬を販売する側には、乳離れをしていないうちから早くに親犬と話してしまうところもあります。
そうなると、子犬は情緒が不安定になってしまったり、健康にも悪影響が出てしまうおそれがあります。
ブリーダーなど、子犬を専門に扱うところでは一定期間は親犬から離さずに飼育するようにしています。
親から愛情たっぷりに育てられた子犬は、しつけがしやすかったり、丈夫な体を持つ傾向があるのです。
こういった理由から、飼育しやすく健康な子犬を手に入れるには、安全な育成方法で販売しているところがおすすめです。
また、子犬の頃は飼育に手がかかったり、いろいろな問題が出やすい時期でもあります。
そのような問題を気軽に相談できるところもあるので、販売だけでなく、飼育の支援などを行っているところから選んでいくのもいいでしょう。
かわいいという理由だけで飼うようなことはせず、購入先や支援サービスなどもよく調べていくことが大切です。