Dog・Service

愛犬が癌になってしまったら【飼い主がすべきこと】

人懐こく従順な性質です

大きな瞳と耳が特徴

チワワ

チワワは大きな瞳と耳が特徴となっています。
また、小さな体がとても愛らしく、日本でも高い人気の犬種です。
チワワは短毛とロングコートの2種類があり、ブラウンやレッド、ブラックなどの豊富な毛色があります。
犬を初めて飼育したい人や高齢者も飼いやすく、室内で飼育するのに向いています。
非常に頭がよく、トレーニングをするとよく理解しますし、躾もしやすいのが特徴です。
体が小さいので、よく吠える傾向があるため、子犬のうちに無駄吠えをしないように躾をしておく必要があります。
チワワは世界最小の犬なので、体重は2、3キロ程度になっています。
体が小さいので、骨折などをしやすく、普段から健康管理には十分に気を付けてあげる必要があります。
チワワは小型の犬種ですが、食欲が旺盛なので太りやすくなるため、高たんぱくで低カロリーな良質なドッグフードを与えてあげる必要があります。
肥満気味になると、生活習慣病に罹るリスクが高まるので、適正体重を維持してあげることも重要となります。
チワワは暑さや寒さに弱い傾向があるので、外出をする時や季節に応じたペット服を着用させてあげるとよいでしょう。
また、エアコンで部屋の温度や湿度を一定に保ってあげる必要があります。
チワワは非常に頭がよく、人懐こく、従順な性質を持っているので、幅広い年代の人に高い人気があります。
健康で丈夫な子犬を購入するためには、地元で信頼の高いペットショップやブリーダーを選んで購入することが大切です。

主人に従順

犬

ヨークシャテリアは、「ヨーキー」という愛称で親しまれています。
イギリスで作出されたヨークシャテリアは、交配を重ね安定化され現在の小型で直毛の毛質となりました。
当初のヨークシャテリアは愛玩犬でなくネズミなどを捕獲する犬として飼われ、労働階級の一般的市民に多く飼われていました。
その後、活発で元気な性格と毛並み、大きさなどが評判になり上流階級でも飼われるようになりました。
日本でも生活が豊かになるとマルチーズとともに座敷犬の代表格になりました。
ヨークシャテリアの特徴は、左右対称に伸びる独特の色合いの毛としなやかな直毛が魅力になります。
ヨークシャテリアはテリア気質と呼ばれるように、頑固で負けん気が強い性格を持っていてます。
しかし、主人と認めると深い信頼を寄せてくれます。
この犬種は抜け毛は少ないのですが、毛質が細く長い為、毎日のブラッシングは欠かせません。
また、温度変化には弱く、育て方を間違えるとワガママな性格になります。
子犬の時から上下関係をしっかりと教える事が大事になります。
ヨークシャテリアは門脈シャントという病気になりやすいと言われます。
発症する場合は、2歳ぐらいが多いようです。
この病気は、肝臓で処理されない毒素が体に回ってしまうもので嘔吐、下痢、ふらつき、食欲不振があった時は、早めの受診が必要です。
この病気では治療をしないと死んでしまうことがあるので注意しましょう。
この他の怪我では小型犬に多い、脱臼や尿結石などもあります。
ヨークシャテリアは平均15歳が寿命で長寿な犬種になります。

美しい被毛と可愛い顔立ち

子供

マルプーは、マルチーズとトイプードルを交配させたミックス犬です。
どちらの血統が出るかによっても違ってきますが、トイプードルの美しいふわふわした被毛と、マルチーズの愛らしい顔立ちが特徴になっています。
どちらに似ても温厚で従順な性格をしており、幅広い年代の人に人気があります。
マルプーは好奇心旺盛で活発な性質を持っており、子犬は様々な物に関心を示します。
とても愛らしい外見をしており、体重は2キロから4キロ前後になっています。
小型犬なので室内で飼育がしやすく、抜け毛が少ないので、皮膚が弱くデリケートな人も飼育がしやすくなっています。
マルプーは、ペットショップやブリーダーを通して購入ができますが、平均的な価格は10万円から、15万円前後になっています。
血統が良く、健康な子犬の場合はやや値段が高めになっています。
体が小さいので、暑い時期や寒い時期は体調を崩しやすいので、保温には十分に気を配ってあげる必要があります。
ある程度の運動量は必要なので、室内で遊ばせるようにしたり、20分から、30分程度の運動をさせてあげると良いでしょう。
精神的なストレスが強く掛かってしまうと、体の免疫力が低下して、アレルギー疾患に罹る場合があるので、環境の良い所で飼育をしてあげる必要があります。
マルプーは頭の良い犬なので、きちんと躾をしておかないと、いたずらをしやすくなるので、基本的な躾はきちんとしておく必要があります。
とても愛らしく魅力的な犬種です。